11月5日

平均水温  湾内 23.0℃
      外海 22.8℃

         気温    19℃
透明度   湾内 5~8m
      外海 5~8m

昨日は西風で荒れてしまった田子の海でしたが
夜中からの東風のおかげで朝にはすっかり落ち着いて
昨日の願いどおりのぺったりんこの海になりました!
残念ながら透明度は回復せず今日もぼんやりな水中でした汗

今日のゲストは常連Tさんと先週から2週連続田子ヘビロテのYさんのおふたり♪
1本目は沖の浮島根へ。
少しうねりが残っているかも?なんてブリーフィングしてたのですが行ってみればうねりなんてまーったく残っておらず(゚д゚)!
流れもほんのりでちょうど良い感じでした。
群れも濁りのせいか根にくっ付いていて突っ込まなくても突っ込んできます\(^o^)/
キンギョハナダイはまだまだ絶好調!
間近で撮影出来るので単体を狙ってみるのもありだなーと思いながらもドッサリを撮ってしまいますね~(笑)
カンパチもこの濁った海況をチャンスと思ったのかイサキを追いまくっていました!
北川の壁にはスズメダイがぐっちゃり固まっていてびっくり。
なぜそこに固まる・・・
一瞬壁かと思うぐらいに寄り添って固まっていました(゚∀゚)
一通り群れを見た後はマクロ。
甲殻類の調子が上がってきたので今日もアシボソベニサンゴガニ、ヨツバネジレカニダマシ、アカスジカクレエビ。
いつものスミツキベラにも挨拶をして最後はやっぱりキンギョまみれになってきました\(^o^)/

2本目は外海の透明度は見込めないのでそれならと白崎へ。
ニシキフウライちゃんはやはり見当たらなかったです。。。
そして台風被害で一番のダメージだったのでは?と思われる先端の巨大ソフトコーラル群の跡地へ。
こんなにでっかい自分が隠れるぐらい大きかったトサカが見る影もありません。・゚・(ノД`)・゚・。
生き残ったトサカたちも折れていたり傷んでいたりと悲しいです。
でも、これも自然なのです。
ネイチャーシーンとしてみんなでしっかり目に焼き付けてきました。
ひとつだけ凄かったのできっと分散してたであろうスケロクウミタケハゼが生き残ったトサカに集中していること。
小さいトサカに8匹ついています(゚д゚)!
後半はひたすらエビ、カニ、エビ。
モシオエビ、クサイロモシオエビ、ヒメモシオエビ、エンマカクレエビ、サンゴガニ、ヒメサンゴガニ、イソギンチャクモエビ、ヒメイソギンチャクエビにシャコ。
甲殻類でおなかいっぱいです❤
オシャレカクレエビも少しずつ見えはじめているので次はフリソデエビ!!と意気込んでいるのですが(笑)

Yさん田子ヘビロテ継続してくださいね~(笑)またお待ちしてます♪
Tさんは明日も引き続き楽しんで行きましょう!
おふたりありがとうございました\(^o^)/

そしてそして!
今日はいつも遊びに来てくれてる東海大ダイビングサークルの
『BUDDY』の先代の会長と現役の子たちが遊びに来てくれて
何と!!
BUDDYのオリジナルTシャツを両親と自分にもプレゼントしてくれました(゚д゚)!
毎年Tシャツを作ってるそうですが今年はサークル設立30周年!
30年?凄いですよね~!
なのでTシャツもメモリアルなバックプリントになっています!
ありがとうございます!
自分はサイズ的に破っちゃいそうなのですが(笑)
これからも海のサポートはお任せくださいね~(*^_^*)
末長く宜しくお願いします!

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031